【 コーリンベルト しっかり 】

Harga biasa $11.00

Termasuk cukai. Penghantaran dikira semasa daftar keluar.

コーリンベルトの進化版!
体にぐるっと1周まわすことでしっかり止まります。

これまでコーリンベルトをご利用頂いていた方にもお薦め致します。

〇プラスチック製のクリップ・バックルを使用しておりますので、結び目ができません。
〇着物や長襦袢にご利用頂けます。
〇幅広のゴムを使い体に一周させる事により着装が安定し、乱れにくく、強く締める必要がありません。

<サイズ>

Mサイズ:巾約3cm・長さ約42cm~74cm(1本)(調節具により調節可能)
Lサイズ:巾約3cm・長さ約52cm~95cm(1本)(調節具により調節可能)

<素材>

クリップ ポリカーボネート100%
織りゴム ナイロン70%・ポリエステル15%・ポリウレタン15%
バックル ポリカーボネート100%
調節具  ポリカーボネート100%

■洗濯は出来ません。(汚れた時は固く絞った布で拭き取って下さい。)プラスチックパーツは一部洗剤や薬品に対して弱い性質があります。石油系の溶剤やシンナー、防虫剤等の接触は避けて下さい。
■ゴムの長さは温度、気候により多少縮む事がございます。
■素材の特性上、お洗濯やクリーニングにより多少の縮みやねじれが生じる場合もございます。
■商品の撮影には最大限注意を払っておりますが、閲覧時のモニター環境によりましては実際の商品と若干違うお色味に映ることもございます。

 

【お着物への使用方法】

〇使用方法1
補整が必要な方は補整具を使い、長襦袢を着用後に長さ調節を行います。
バックルを中心に当て、ゴムを引っ張らない状態で、バストの下辺りで二廻りさせ左右のクリップが脇の下に来る程度に調節具を使って長さを調節します。

〇使用方法2
バックルを外し2本に分離します。片方を下前の衿に留め、脇下の身八ツロより引き出します。クリップの位置は身八ツロの下辺りが目安です。
あまり上にとめ過ぎると衿元が詰まります。クリップを衿にとめる際は先端のゴムのある部分で挟むようにして下さい。奥の方で挟むとお着物を傷めたりクリップ破損の恐れがあります。

〇使用方法3
上前の衿先にもう一方のクリップを下前と同じ高さの位置に留めます。

〇使用方法4
両方のバックルを持ち後ろで交差させます。

〇使用方法5
前へ回してバックルが体の中央へ来るようにして留めます。


【長襦袢への使用方法】衣紋抜き有り

〇使用方法1
バックルを外し2本に分離してクリップが左側にくるようにして衣紋抜きに通します。

〇使用方法2
衣紋抜きに通したベルトのクリップを脇下の身八ツロから入れ下前の衿先に留めます。
身八ツロの下辺りが目安です。

〇使用方法3
上前を合わせてもう一方のベルトのクリップを下前と同じ高さの位置に留めます。

〇使用方法4
両方のバックルを持ち後ろで交差させます。

〇使用方法5
前へ回してバックルが体の中央へ来るようにして留めます。


【長襦袢への使用方法】衣紋抜き無し

〇使用方法1
バックルを外し2本に分離し片方を下前の衿先に留め身八ツロより引き出します。クリップの位置は身八ツロの下辺りが目安です。

〇使用方法2
上前の衿先にもう一方のクリップを下前と同じ高さの位置に留めます。

〇使用方法3
両方のバックルを持ち後ろで交差させます。

〇使用方法4
前へ回してバックルが体の中央へ来るようにして留めます。

※長さの調節は長襦袢を羽織った状態で裏面のお着物への使用方法をこ参照下さい。


【クリップの開閉方法】
 OPEN・・・ゴム通しを下に曲げると開きます。
 CLOSE・・・ゴム通しを水平にすると閉まります。

【調節具の調整方法】
 OPEN・・・ゴム通しを倒して調整します。
 CLOSE・・・ゴム通しを倒して調整します。

【バックルの取外方法】
 OPEN・・・ゴム通しを倒して調整します。
 CLOSE・・・ゴム通しを倒して調整します。